手と手を合わせることの意味

手と手を合わせることの意味

手と手を合わせることの意味

こんにちは( ´ ▽ ` )
少しずつ秋めいて、朝晩は涼しく感じられる今日この頃。
8月の終わり頃からは、朝日が登る空がなんとも言えないくらいに神々しい。
そんな時、手と手を合わせて、思わず合掌します。
何かやさしい言葉、
あたたかい言葉を、自分と目の前の貢献に投げかけてみます。
わずかな時間ですが、す気持ちがすっきり浄化され、その一日もおだやかに過ごせます。
「合掌」とはスピリチュアル的なこともあり、
「宇宙とひとつになる」ということでもあります。
【親指】は宇宙の真理や神様、
【人差し指】は個人の意識や魂、
あとの3指はそれぞれに、
純質(均衡のとれた純粋な状態)
激質(活動的で落ち着きのない状態)
翳質(ものぐさで陰鬱な状態)
…を、意味しています。
それがすべて合わさること、それが合掌です。
ということで、朝日への合掌、行ってみてはいかがでしょうか?
ちなみに、今の時期の日の出は5時半前後。
早起きは三文以上の徳です!

一覧へ戻る