審美修復の疑問について

審美修復の疑問について

審美修復の疑問について

こんにちは
つい先日、
ラミネート(※)って、どのくらい持つものなの?」
※ラミネート=ラミネートベニヤ
少しの歯列不正や、充填を繰り返して変色した歯の表面に、薄いセラミックを貼ります。
たとえるなら、付け爪のようなものです。
被せるタイプよりも、歯の切削量も少なくてすみます。

・・・と、とある患者さんからご質問を頂きました。
ちなみに、こちらが、ラミネートベニヤを入れたお写真。
上の前歯2本、歯の表面にセラミックを張り付けています。
その患者さんとしては、
「やった直後は綺麗でも、長い目でみたらどうなんだろう?」、ということが気になったようです。
それはそうですよね、私だって、気になる。
で、その答えとしては、
「人によりけりなので、絶対的な期間は言い難い」
です。
その人の、
歯列状態、
噛み合わせの力(咬合力)、
嗜好品等、
人それぞれ異なる為、絶対的な期間は、なかなか難しい
のです。
20年以上持っている患者さんもいれば、数年後、何らかのトラブルで割れてしまう方もいます。
トラブルとは、前歯をぶつけるとか転ぶとか、ものすごーく、カッチカッチな物を前歯で引きちぎるとか。
歯ぐきが下がるトラブルよりも、噛み合わせが関係して破損することの方が、割合としては多いようです。
野原院長は噛み合わせのスペシャリストなので、それをとっても診ています。
つまりは、やはり、定期的なメンテナンスが必要なんです。
トラブルが起こってからでは、遅すぎます。
被せ物したら、治療は終わり!
ではなく、
被せ物が入った! これから自分の口と身体と調整しながら、時間をかけて馴染ませていこう。
と、いう感覚が理想なのです。
またご質問頂いたら、アップします。
インプラント・審美治療・クリーニング・矯正歯科など、各種ご相談くださいませ。
健康な身体と歯のために、スタッフ一同、サポートさせて頂きます。

〒460-0008
名古屋市中区栄三丁目6-20辰晃ビル4F
医療法人野原歯科室
052-241-2367

一覧へ戻る