診療内容|成人矯正・小児矯正

大人の歯並びを整えます~成人矯正~

大人の歯並びを整えます~成人矯正~

歯科矯正治療は子供が受けるイメージがあるかもしれませんが、大人になってからでも治療可能です。子供が行う小児矯正は、顎の成長を利用しながら歯が並ぶスペースを確保しますので、さまざまなメリットがあります。一方、大人になってから行う成人矯正もまた、小児矯正とは違うメリットがあるのです。名古屋市中区、栄駅より徒歩3分の歯医者「野原歯科室」では、歯並びを整え、見た目を美しくして、噛み合わせも整える歯科矯正治療に対応します。まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療でコンプレックスを解消しましょう

気になる歯並びをきれいに整え、美しい笑顔を手に入れましょう

矯正治療でコンプレックスを解消しましょう

歯並びが悪く目立ってしまうと、笑顔になれなくなったり、話したくなくなったり、会食が億劫になったりします。お口まわりが気になってコンプレックスになってしまうと、人生の楽しみが半減してしまうのです。矯正治療で歯並びを整えれば、見た目が自然で美しくなり、笑顔に自信が持てます。また歯の本来の機能が回復し、「しっかり噛める」「はっきり話せる」「ぐっと噛みしめられる」ようになり、虫歯や歯周病の予防にもつながります。人生を謳歌するためにも矯正治療は有効です。まずはお気軽にご相談ください。

第一印象が変わります

矯正治療により大人でも顔立ちが変化し、好印象につながります

第一印象が変わります

人の顔の目より下は、上下の顎で占められています。そのため、噛み合わせが乱れていると、顎がずれ、顔がゆがんでしまうことがあります。上下の歯を正しい位置に導くことで、顔立ちが左右対称に近づきます。とくに前歯の位置や傾斜度合、そして顎の位置は顔立ちを決める重要なポイントです。歯並びを整えると、顔立ちや輪郭(りんかく)が整い、正面からだけでなく横から見た顔貌も美しくなります。

矯正治療を行うことで、噛み合わせもよくなります

見た目も整い、将来的なお口の健康にもつながります

矯正治療で歯並びや咬み合わせを整えることは、見た目の改善だけではなく、さまざまな好影響をおよぼします。

矯正治療を行うことで、噛み合わせもよくなります

  • 食べ物をしっかり噛め、胃腸への負担を軽減できる
  • 正しくクリアな発音ができるようになる
  • 歯列がきれいだと、お口の自浄作用がはたらきやすくなる
  • 歯と歯のすき間がなくなり、歯みがきがしやすくなる
  • 虫歯や歯周病の予防にもつながる
  • 見た目のコンプレックスがなくなり、人前で笑ったり、食事をしたりすることにためらいがなくなる

歯並びの乱れの具体例

叢生
(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態です。「八重歯」や「乱ぐい歯」が含まれます。食べかすがたまりやすいので、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」で、上の前歯が下の前歯よりかなり前に突出している状態です。咀嚼がうまくいかない、発音が不明瞭になるなどが心配な噛み合わせです。

下顎前突
(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる「受け口」で下の歯が上の歯より前に出ています。咀嚼や滑舌に影響を与えることがあります。遺伝が原因の場合もありますが、舌のクセによっても起こります。

開咬
(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯を噛んでも前歯が噛み合わない状態です。指しゃぶりのクセによって起こることがあります。食べ物を噛みきりにくく、発音が不明瞭になることもあります。

おすすめの矯正装置「インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)」

インビザラインとは

インビザラインとは

インビザラインとは

取り外し可能な透明なマウスピースです。「クリンチェック」と呼ばれる3次元コンピュータ画像技術によるシミュレーションにもとづき、マウスピースを作製します。1日に20時間以上装着していただき、2週間ごとに取り替えて、歯を少しずつ理想の位置に動かしていきます。

インビザラインのメリットとデメリット

メリット

  • 歯面に装着する装置に比べて目立ちません
  • 取り外し可能なので、食事や歯みがきのときにストレスがかかりません
  • 違和感や痛みが少なめです
  • 通院回数が少なくて済みます
  • 幅広い症例に対応します
  • 同時にホワイトニングもできます

デメリット

  • 装着時間を守らないと歯が動きません
  • お口の状態によっては治療できないこともあります

その他の矯正装置

セラミックブラケット
セラミックブラケット 歯面にセラミック製のブラケットを装着してワイヤーを通して歯を理想の位置に動かしていきます。ブラケットが白く歯の色になじむのであまり目立ちません。

【メリット】

  • 目立ちにくい矯正装置です
  • 歯の表側に装着するので比較的かんたんに歯みがきできます
  • 歯の動きが早めです

【デメリット】

  • 金属製のブラケット(メタルブラケット)より費用が高めです
  • メタルブラケットより大きめなので違和感が生じることがあります
舌側矯正(リンガル矯正)
舌側矯正(リンガル矯正) ブラケットを歯の裏側に装着してワイヤーを通して歯を理想の位置に動かしていきます。装置が見えにくいので、治療していることを人に気づかれにくい装置です。

【メリット】

  • 目立ちにくく、他人の視線が気になりません
  • 歯の裏側は虫歯になりにくいうえ、虫歯になっても目立ちにくい治療ができます
  • 出ている前歯を引き込みやすい矯正方法です

【デメリット】

  • 舌に触れるので慣れるまで違和感があります
  • 発音がしづらいことがあります
  • 歯みがきに工夫が必要です
  • 表面矯正装置よりも費用が高めです
インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた歯科矯正治療)
インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた歯科矯正治療) 顎の骨に矯正用のインプラント(アンカースクリュー)を埋め込んで、固定源にして歯を動かします。固定源があるので、短期間に効率よく歯を動かせます。

【メリット】

  • 歯を効率よく動かせます
  • 治療期間が短めです
  • 抜歯をしないで矯正治療ができるケースが増えます

【デメリット】

  • アンカースクリュー埋入のための手術が必要です
  • 手術をともなうので費用が比較的高額です
  • メンテナンスを怠ると感染症を引き起こすことがあります
部分矯正(MTM)
部分矯正(MTM) 通常は歯列全体を動かして歯列を整えますが、部分矯正は1本から数本に限定して歯をきれいに並べます。

【メリット】

  • 動かす歯が少ないので治療期間が短めです
  • 矯正治療費用を抑えられます

【デメリット】

  • 症例によっては部分矯正ができない場合があります
  • 噛み合わせを整えにくい矯正方法です

顎の成長を利用して歯並びを整えます
~小児矯正~

顎の成長を利用して歯並びを整えます~小児矯正~

小児矯正は、お子様の将来を考えた親御様からの贈り物です。しかし、実際に治療を受けるのはお子様ですので、お子様のモチベーションがあがらないと、治療成果が得られにくくなってしまいます。無理やり治療を始めるのではなく、歯並びがきれいになるための矯正治療のメリットをわかりやすく伝えて、協力し合って、一緒にがんばる姿勢が大切です。名古屋市中区、栄駅より徒歩3分の歯医者「野原歯科室」は、お子様に治療の必要性を認識していただけるようわかりやすい言葉で伝えていますので、まずはお気軽にご相談ください。

保護者の方へ

きれいな歯並びは一生の宝物です

保護者の方へ

小児矯正は顎の成長を利用しますので、比較的かんたんに顎を拡げられ、歯が並ぶためのスペースを確保できます。これが小児矯正のメリットです。大人になってからだと、抜歯が必要になったり、治療費用が高額になったりすることがあります。お口の状態によって矯正治療の開始時期は異なりますが、当院では3~5歳児の矯正治療に対応しています。お子様の歯並びが気になるときには、まずはお早めにご相談にいらしてください。

気になるときは一度ご相談ください
  • 歯並びが悪い
  • 寝ているときに口を開けている
  • 姿勢が悪い
  • いびきをかく
  • いつも口を開けている
  • 口呼吸をしている
  • 扁桃腺が腫れやすい
  • 指しゃぶりのクセがある

矯正治療を始める時期

歯並びによって開始時期は異なります

矯正治療を始める時期

お口の状態によって矯正治療を始める時期は異なります。目安としては、反対咬合の場合は4歳くらいから、上顎前突の場合は7~8歳ころからで、叢生の場合は8~9歳ころからです。どの噛み合わせの場合でも、自己判断は難しいので、まずは当院にご相談ください。

小児矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 発音や呼吸の改善につながります
  • 顎の健やかな成長を促せます
  • 歯を抜かないで治療ができる可能性が高まります
  • 子供は順応性が高いので、治療装置にすぐに慣れます
  • 子供のころから口腔ケアの意識を持てます

デメリット

  • 治療期間が長くなることがあります
  • お口の状態によっては歯列矯正(成人矯正)や成長過程での再治療が必要になることがあります
  • 治療結果には個人差があります
  • 歯みがきを怠ると虫歯のリスクが高まります
診療内容
診療について